スタッフブログ

シンクロ率100%

【 テーマ:思い出の式 】

大久保です。

 

【高校入学式】
地元校進学ではなく、わたしが通う商業高校は南森町にあるので、
一緒の高校に受かった小学校からの仲良しの友人と駅で待ち合わせることに。

待ち合わせ場所にやってきた友人と友人ママ&弟。
通学カバンはよほど派手じゃなければ比較的自由な学校でして、
うちの母が友人のカバンを見るなり、
「あら、Nさんいいカバン持ってるねー」って褒めるんですよ。

で、わたしも「どれどれ」と思って目をやると、
そこにはわたしの下げているかばんと全く同じものが!!

わたしのカバンは母と一緒に買い物に行って購入したもの。
なので一緒に選んだといっても過言ではない。
母にそのことを告げると
「あー何となく見たことある感じしててん」と。
今、まさしくアンタの娘の手にあるけどな!

その友人のカバンはわたしとは別の日に別の場所で購入したとのことで、
本当に本当の偶然の一致なのでした。

ちなみに友人は結婚後引越しして、
うちはというと隣近所の火事の影響で引越しして、
なのに今は学生時代より最寄駅が同じの近場住まいという。

 

1803_okubo

【高校卒業式】
1年生の時、上記とは別の友人が「ちょっとカメラ貸して~」というので
使い捨てカメラ(が主流の時代)のフィルム余ってたので渡したら
当時憧れていた三年男子の写真を撮ってくれてた!
デジカメやスマホじゃないから現像するまで知らなくて。。。
シャイ?なわたしのために先輩写真を撮ってくれてたのは嬉しかった。

そういう気の利いたサプライズで人を喜ばせる人間になりたいなぁと
人生の半ばにして今更思うのでした。

ちなみに通っていた幼稚園は今もまだ残っているようですが、
小学校、中学校は閉校、
高校は商業高校から総合高校となって別ものに。
過去の居場所が消えゆくのってなんだか寂しいなぁ。

以上。
高校の卒業アルバムの笑顔がまぶしい大久保がお届けしました。

  • facebook
  • feed
close