スタッフブログ

ほんとうに、あっという間に春ですね。

【 テーマ:思い出の式 】
 
「春の匂い」
 
いや正確に言うと
 
「春前の匂い」
 
仕事終わって最寄駅から自宅までの
ルートってのは毎日変える習慣があることで
知られているわたしです。

(通学ルートも毎日変えてたなぁ・・)
(え?みなさん変えないんですか・・)
 
しかし、毎日変えるけど、ここは絶対通るという
ポイントがあるんですけど
その周辺ってのはやたらと

「春の匂い」
もとい
「春前の匂い」
がするのです。
 
何らかのお花の香りであることは
火を見るより明らかなのですが
それが何なのかはわからない!
 
でそこを通ると何故か一瞬、昔にタイムスリップ
します。それもピンポイントで1995年に。
 
(私の脳内の謎は私も解明できない)
 
・阪神大震災
・地下鉄サリン事件

小学5年生ながらに、すごく恐怖を感じていたことや。

あとギターを始めたり
8cmの短冊のシングルCDを買い始めたり
ワクワクしていたこと。
 
あと不良なようで不良じゃない、いやでも不良な
ナイフみたいな先輩がいて
たまたま近所で姉か妹かとすごく仲良く歩いてたと
思った数日後、家族もろとも消えたこととか
 
一歳上の姉の小学校の卒業式の日は自宅で
留守番をしながら、レコードとかCDを割と爆音で聴いてたなぁ。
 
とか自分の記憶力に驚きます。
 
そんなこととかを毎日、思い出しているセンチメントな季節です。
 
 
「生まれた年がどれだけ音楽の好みに影響しているか」

ニューヨークタイムズでこんな調査結果を行ったそうです。
 

1803_adachi

Seth-1-600
https://www.nytimes.com/2018/02/10/opinion/sunday/favorite-songs.html
 
Spotifyのデータを使用し、特定の年齢で人気の曲を調べていき
その曲がリリースされた時の年齢を調べていくという方法だそうです。

どの年齢で聞いていた曲が人気かを調べると、現在の好みが
何歳くらいで形成されたがわかるということです。
 
その結果

<<音楽の好みは14歳の時に聴いていた音楽で形成される>>
 
ということだそう。
 
男性は13~16歳
女性は11~16歳
でだいたい形成されているようです。

とまぁ、あくまでデータなので実際のところ
どうなんだろう。
ただ、自分に関して振り返ってみれば
まさしく13~16歳で「完全」に形成されていると思います。
 
その頃に比べたら、聴くジャンルは確実に幅広くなっていますが、
その点と点が線で結ばれている感覚
というのは13歳で形成されていると思います。
 
 
あ!テーマに触れておきます。(一応)
 
思い出の式。
 
高校の卒業式とかかなり感動的だったけど、
一番印象に残っているのは
大学の卒業式
でした。
 
何を隠そう、途中休学をしておりましたので
後輩と一緒に卒業することになり。
まー思い出もないもないVTRとかを
見せられての卒業式でした。
 
式が終わってまっすぐ家に帰ったような記憶が
あるなぁ。。
 

 
今年の春はなんだか切ないアダチでした。

  • facebook
  • feed
close