スタッフブログ

大人のカウンター

【 テーマ:好きなお寿司 】

落語って見たことありますか?
とても観たいんです。

完全にドラマの影響ですが。

昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中
引用元:https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/index.html

実はアニメを観たことがあり、
それのドラマ化ということで楽しみに観始めたのですが、
とても良いんです。

本当に。とても良いんです。

空気感を再現している以上の良い空気感。

よく、配役が合ってる合ってないの話がありますが、
正直、そんな低レベルな話は必要ありません。
原作の匂いもしつつ、でも、ちゃんと昇華させてオリジナルに。
まさにスーパーオリジナル。

毎週楽しみに観ています。

観ているうちに落語の話も覚えてくるので、
そろそろ繁昌亭に行かないと!と思っています。

生で観る落語はどんな感じなんでしょうか?
ドキドキしかしません。
さすがに私も知るような有名人のチケットは難しいようですが、
落語の世界はそんな狭い範囲なはずがありません。
私が名前を知らないだけで、素晴らしい噺家さんはたくさんいるはず。

とりあえずチケットを買わねば。

 

 

落語を楽しんだ後は、
天神橋筋商店街で寿司と熱燗でくぅ〜と粋なことをしようと
妄想が膨らんでいるイダです。こんにちは。

 

おしゅし

カウンターだけのお寿司(廻らないお寿司)って
慣れていないと緊張しますよね。

私もそんな大人の階段を登った時がありました。

24か25歳の時ですかね。
飲み仲間のお兄様に連れられて行ったお店でした。

その時に「芽ねぎのお寿司」が衝撃だったんです。

芽ねぎのお寿司
参考画像の引用元:http://taberugo.net/3749

え?はっぱやん。雑草やん。

マジかよ。

マジ卍。

と思ったような気がします。

お兄様を疑いながらいただきました。

マジ卍。

美味しいこと。

なんだこりゃ〜!状態です。

他にも美味しいのをたくさんいただきました。
どれもこれも初めて見るのばかりです。
どれもこれも初めて食べるのばかりです。

1人5品ずつくらい食べ、何杯かお酒を飲みました。

お会計は1人5,000円くらいでした。
びっくりしました。

これが大人の階段なのですね。

そこの大将は北新地の有名なお店で修行をして、
それから独立して、その時はまだカウンター8席の
小さなお店で営んでおられました。

今では、もう少し大きなお店で、
15,000円のコースしか置いていないお店になっています。
何かの何かなアレの時にソレしたいと思います。

 

まずはお手頃なお値段の美味しいお店で。

ちょいとお前さん。

shall we sushi ?

  • facebook
  • feed
close